審査の流れと必要物~効率良く審査を通過するには~

初めてのキャッシングは手続きが分からず不安に思われる方も多いと思いますが、事前に流れを知っておくと余裕を持って審査に挑む事ができると思います。今回は審査について簡単にご紹介します。

ローン(loan)とは : 知るぽると – 金融広報中央委員会

1.インターネット上での事前審査

店舗に直接足を運んでいきなり借入を申し込む事もできますが、消費者金融のホームページ上で必要項目を入力して事前に審査をしておくと、借りる事のできる可能性を知る事ができ、効率よく借入を行う事ができます。事前審査では、仕事の内容や他の金融機関から借り入れている金額等を入力する項目があり、その条件を元に機械的に審査をします。審査の結果は借入をする金融機関によって異なりますが、結果がホームページ上にすぐに表示される物やメールで送られてくる物があり、当日中の借入を希望する場合は前者が有利です。

もし、インターネット上での審査に落ちた場合は、借入は絶望的なので他の金融機関をお探しする事をお勧めします。(事前審査に通ったとしても、店頭の審査に落とされる事も経験済み)

2.店頭での審査

店頭では、事前審査を受けたか受けていないかを聞かれ、事前審査を受けていれば無人審査機への入力項目が少なくなり審査の際の手間が少なくなります。金融機関によっては有人の場合もありますが、私が審査を受けた消費者金融は無人の店舗が多く、審査は機械を相手に行います。

審査の機械は結構ハイテクな物で、顔を映すカメラや、書類をスキャンするスキャナー、書類投入口が機械に付いており、画面の表示に従って必要な手続きを行います。手続きが最終段階に進むと、無人の窓口に付いている電話に消費者金融の職員が出てきて質疑応答を行います。この際、職員が疑問に思った事を聞いて来たり、就職情報の確認を行いますので、入力した内容を忘れないように気をつけて下さい。(この際に不備があれば、即時の借入や借入自体が不可能になる事もある)

質疑応答が終わればすぐにお金を借りる事ができます。

3.審査に必要な物

審査に必要な物は「本人の属性」(主婦・自営業・会社員等)によって異なりますが、どの属性でも必要な物があり、「身分証明書」「身分証明書の記載された住所に住んでいる事を証明できる物」「電話番号」はどこの金融機関でも必要だと思っておいて下さい。自営業なら、それに「源泉徴収」等の収入の証明できる物が加わります。

「事前審査から借入は単純な流れ」

インターネット上での事前審査を正直に答え、必要な準備物をそろえ、店頭での審査で不信感を与えなければ消費者金融でその日のうちにお金を借りる事は結構簡単です。ポイントを押さえて審査に挑んで下さい。どこで借りればいいのか分からない人は、消費者金融おすすめランキングから探すのがベストです。